便秘の怖さ

便がお腹の中に溜まってしまうのが便秘です。 そのままにしておき何もしないと、体に様々な悪い影響を及ぼすようになります。 最初はお腹がポッコリと出てきます。 ガスや便が出ずに溜まっているからです。 この頃にはすでにお腹の張りを感じるようになります。 そしてトイレに行って用をたしても、すっきりしません。

これは残便感があるからです。 便を出しきれていないように感じるのです。 この感覚は間違っていません。

実際にかなりの便がまだ腸に残っている可能性があります。 これがトイレに長くいる原因になってしまったり、よく踏ん張る時間がながくなることから、肛門に掛かる負担も大きくなります。 それが痔につながってしまいます。 更に、便秘になることで、おならが臭くなります。

おならは、空気を口から取り入れることで、また腸の中で食べ物を分解するときにガスが発生します。 それが原因となっておならが出ます。 ですから、便秘の場合は回数も匂いも当然きつくなります。

更にエスカレートすると、今度は便が出られないことから、毒素が血液を伝って体中に戻っていきます。 そうすると、体の不調につながります。 頭痛、吐き気、めまいといった症状が実際に便秘から引き起こされます。 便秘は早めに解決しなければいけないものなのです。 そのままにしておかずに、症状に合った処置をとる必要があります。 そうすれば、慢性化してしまったり、薬を毎日飲まないといけないというような状況を避ける事ができます。

[お役立ちサイト]
薬は飲みたくないという方に役立つ便秘解消用オリゴ糖の通販サイトです・・・便秘

 

Copyright © 2014 便秘を理解して対処する All Rights Reserved.